堺兼近作

銀三 本鍛錬

牛刀 210mm

¥32,000

商品コード: SK-G3H-GY210
商品カテゴリー: ,

牛刀

初めて日本に入ってきた両刃の包丁の形。万能包丁だが三徳包丁と形が違う。シェフナイフとも。また、刃渡りが約150mm~400mmまで多様にある。大体は210mm~240mmが主流。


堺兼近作 銀三本鍛錬シリーズ

大阪府堺市において製作されており、錆びに強い銀三ステンレス鋼を芯材に用いたシリーズです。堺兼近作銀三本鍛錬シリーズの特徴は、小さな鋼材から打ち延ばして包丁の形を作り出す、非常に手間がかかり、職人の力量が問われる”本鍛錬”と呼ばれる鍛造方法で作られております。これを堺で三代続く包丁職人の藤井啓市氏が一本一本丁寧に研ぎあげたものです。柄の形状は和風で天然木の朴を使用しており、洋風の柄と比べて軽く、扱いやすくなっております

 

  商品仕様

diagram

商品名

堺兼近作 銀三本鍛錬 牛刀 210mm

商品ID

SK-G3H-GY210

JANコード

4573161410033

メーカー

堺兼近作

シリーズ

銀三 本鍛錬

包丁の種類

牛刀 210mm

芯材

銀三

HRC硬度

60

クラッド材

ステンレス

柄の種類

和柄、中子差し込み

生産地

大阪府堺市で手鍛造と手仕上げ

刃の角度

左右非対称仕上げ

重さ

158g

全長

347mm

ブレード寸法

212mm

刃渡り

198mm

ブレード幅

47mm

柄の寸法

135mm


特定商取引法に基づく記載