多和

銀三 梨地 赤柄

牛刀 210mm

¥23,500

商品コード: TW-G3R-GY210
商品カテゴリー: ,

牛刀

初めて日本に入ってきた両刃の包丁の形。万能包丁だが三徳包丁と形が違う。シェフナイフとも。また、刃渡りが約150mm~400mmまで多様にある。大体は210mm~240mmが主流。


多和 銀三梨地 赤柄シリーズ

高知県において製作されており、錆びに強い銀三ステンレス鋼を芯材に用いたシリーズです。多和銀三梨地赤柄シリーズの特徴は、刃に梨地と呼ばれる凹凸の仕上げを施しており、食材の離れが良いという利点があります。柄の形状は洋風で、赤合板を使用し、細めに仕上げており、手の小さ目の方でも握りやすくなっております。

 

  商品仕様

diagram

商品名

多和 銀三 梨地 牛刀 210mm 赤柄

商品ID

TW-G3R-GY210

JANコード

4573161417209

メーカー

多和

シリーズ

銀三 梨地 赤柄

包丁の種類

牛刀 210mm

芯材

銀三

HRC硬度

65

クラッド材

ステンレス、梨地仕上げ

柄の種類

洋柄、カシメ付きフルタング構造

生産地

高知県土佐山田でロール鍛造と手仕上げ

刃の角度

5対5の刃付け(手仕上げ)

重さ

193g

全長

337mm

ブレード寸法

222mm

刃渡り

215mm

ブレード幅

45mm

柄の寸法

115mm


特定商取引法に基づく記載